アルギニン5,000mg配合 | アルギニン贅沢すぎる5,000 公式サイト 現在のカゴの中現在のカゴの中

Arginine 贅沢すぎる5,000Arginine 贅沢すぎる5,000

アルギニンについてアルギニンについて

アルギニンとは

アルギニンは、1886年、ドイツのシュルツ博士がマメ科の植物の芽から発見した『アミノ酸』の一種です。アルギニンという名前は、古代ギリシャ語の、「argyros:アルギュロス」(綺麗な銀色の輝き)から名付けられたといわれています。
アルギニンは、体内でも合成されるため、準必須アミノ酸に分類されていますが、年齢を重ねるとともに、体内での生成量が減少するため、日々の食事だけでは必要な量を補うことが難しいと言われています。特に、成長期の子供は多くの量を必要とするため、サプリメント等でアルギニンを補うことは非常に大切です。

アルギニンの効果 / 効能

妊活/性機能の改善/美容・美肌効果/疲労回復/免疫力向上/子供の成長促進妊活/性機能の改善/美容・美肌効果/疲労回復/免疫力向上/子供の成長促進

成長ホルモンの役割は大きく分けて二つあり、身長を伸ばすことと、体内の物質をエネルギーに変換(代謝)することです。代謝が促されることで、妊活力を導きます。また、筋肉や骨格の成長、疲労回復の効果も期待できます。一般的に成長ホルモンの分泌を促してくれる成分として“アルギニン”が知られています。

加齢によって減少する成長ホルモン

成長ホルモンは、成長期の子供の骨や筋肉の成長を助け、身長の伸びにつながります。特に、成長期である10代後半から20歳にかけて最も多く分泌されるのですが、25歳頃から急激に減少し、30代になると約半分にまで低下し、その後も減少し続けるといわれています。

年齢と成長ホルモンの関係年齢と成長ホルモンの関係

アルギニンを食生活で摂取するのは難しい

-アルギニンの摂取目安量とアルギニンを含む食品-

アルギニンは、主に肉、魚介類、大豆製品に多く含まれています。毎日の食事で、こうした動物性タンパク質や植物性タンパク質をバランスよく摂ることが大切です。しかしながら、日々の食事で、必要な量のアルギニンを取り続けるのは、忙しい現代人では厳しい状況です。さらに、アルギニンだけを重点的に摂取しようとすると、食事全体のエネルギー量が増えてしまい、肥満など、その他の症状に影響を及ぼす可能性も少なくありません。普段の食生活の中で無理なく必要な量のアルギニンを摂取するためには、サプリメント等を活用するのが良い方法とされています。手軽に継続できる方法を選びましょう。

アルギニンの摂取目安量とアルギニンを含む食品アルギニンの摂取目安量とアルギニンを含む食品